ウェブスターター

お申込み
10万円からはじめられるWordPressウェブサイト制作

ウェブスターター制作サービス利用規約

第1条(目的)

この利用規約(以下「本規約」)は、株式会社Kiraba(以下「弊社」といいます)が、提供するWordPressホームページを制作するサービス(以下「本サービス」)の利用について規定するものです。 本サービスの利用者 (以下、「利用者」といいます) は、利用申し込みを行った時点で、本規約の内容を承諾しているものとみなします。

第2条(適用)

本規約は、「ウェブスターター基本規約」と不可分一体のものとして効力を有するものとします。また、本規約に特に定めのない事項については「ウェブスターター基本規約」の条項が優先して適用されるものとします。 本規約と「ウェブスターター基本規約」の内容が矛盾が生じる場合は、本規約の条項を優先して適用するものとします。

第3条(本サービスの利用申込み)

本サービスの利用申込みは、利用者が本規約にご承諾の上、弊社所定の本サービスの申込書を弊社に提出、または弊社所定の専用申込みフォームから申込内容を送信し、行うものとします。利用者の申込みに対し、弊社が承諾した時点で本サービスの契約(以下「本契約」といいます)が成立し、本規約が効力を発するものとします。 但し以下に該当する場合は、弊社は利用者からの申込みを承諾せず、本サービスの利用を提供しない場合があります。

  • 利用者となろうとするものが、反社会的勢力であると予め判明している場合
  • 利用者となろうとする者が本規約に過去に反したことがあり、または反することが予想される場合
  • 登録情報の住所が日本国内でない場合
  • アダルト、風俗関連、出会い系サイト、脱法ドラッグ取り扱いに関する内容の場合
  • 公的外のギャンブルに関する内容の場合
  • 公序良俗、法的秩序に反する内容の場合
  • 犯罪教唆に繋がる反社会的な内容の場合
  • 他人のプライバシー、知的財産権を侵害または侵害するおそれのある内容の場合
  • 第三者を誹謗中傷、個人情報を開示している内容の場合
  • 特定の宗教を布教および宣伝する内容の場合
  • その他弊社が不適切だと判断した内容の場合

第4条(本サービスの内容・料金)

本サービスは弊社の定めた仕様で、弊社が提供するWordPressテンプレートを基に利用者のホームページを制作するサービスです。詳しい内容・料金は本サービスのウェブサイト上にサービス内容を定めるものとします。

第5条 本サービスへの支払い

  • 利用者は弊社が本サービスを提供を開始する前に本サービスの料金を支払うものとします。
  • 支払いが確認できない場合弊社は本サービスを提供しないものとします。

第6条(知的財産権)

  • 利用者または第三者が従前から保有していた著作物の著作権を除き、ホームページのデザイン、プログラムコード、その他一切の著作物の著作権は、弊社に帰属するものとします。
  • 前項の権利には、著作権法第27条に定める「著作物を翻訳し、編曲し、もしくは変形し、または脚色し、映画化し、その他翻案する権利」及び著作権法第28条に定める「二次的著作物の利用に関する原著作者の権利」を含むものとします。

第7条(契約の解除)

  • 弊社は利用者に事前に通知することにより本契約を解除できるものとします。
  • 利用者から契約を解除する場合、弊社に対し、弊社所定の方法により、本契約を解除を申込むものとします。
  • 利用者からの本契約解除の申込みに対し、弊社が承諾した時点で本契約の解除が成立するものとします。
  • 前項に関わらず利用者が中途解約をした場合、利用者は、弊社が制作に要した費用を直ちに支払わなければならないものとします。

第8条(納期)

制作業務の納期は弊社利用者間で協議の上、メールまたは文書のやり取りによって決定するものとします。但し、ホームページに記載する文章や画像等の提出が遅延するなど、利用者の責により弊社の作業が不可能となる場合は、弊社は一切の責任を負わないものとします。

第9条(検査・納品)

  • 弊社は、制作業務終了後、完成したホームページを弊社提供のサーバースペースに仮公開します。仮公開するホームページ(以下「仮公開ホームページ」)のURLは、別途弊社から利用者に通知します。利用者は弊社からの通知後14日以内に、ホームページに仕様書との不一致、不具合、バグ等がないか検査を行わなければならないものとします。
  • 前項の期間内に、利用者から弊社に対して仕様書との不一致、不具合、バグ等の修正の要求がある場合は、メールまたは文書にて弊社に通知するものとします。弊社は、当該文書を受領後、必要な場合は修正の作業を行うものとします。その後の取扱いは、前項に準ずるものとします。
  • 利用者からの検査完了の通知を受けた場合、または前項の期間内に、利用者から弊社に対し特段の申し出がなければ、弊社は検査が完了したものとみなし、納品が完了したものとみなします。
  • 弊社が、画像データ等作成のために用いた編集用ファイル(例:イラストレータ、フォトショップで閲覧可能な形式のファイル等)は、利用者に引き渡さないものとし、所有権に関しても弊社に所有権が帰属するものとします。
  • 本サービスで制作したホームページは弊社提供のサーバーにのみ設置するものとし、利用者の用意したサーバーには設置しないものとします

第10条(瑕疵担保責任)

  • 検査完了後、制作業務に関して仕様書との不一致(以下「瑕疵」)が発見された場合、利用者は弊社に対して瑕疵の修正を請求することができるものとし、弊社は当該瑕疵が利用者の責に帰すべきものである場合を除き、無償で行うものとします。
  • 前項に定める弊社の無償修補は、当該瑕疵にかかる納入物の検査完了日より1年以内に利用者から瑕疵修補の請求が弊社になされた場合に限られるものとします。
  • 前項の規定は、瑕疵が利用者の提供した資料等または利用者の与えた指示等、利用者の責任によって生じたときは適用しません。但し、弊社がその資料等または指示が不適当であることを知りながら告げなかったときはこの限りではありません。
  • 瑕疵によって生じた利用者の損害につき弊社は一切の責任を負いません。

第11条(免責)

弊社は、次の各号につき、一切の責任を負わないものとします。

  • (1)利用者の故意・過失によるデータ等の毀損によって生じた損失、損害
  • (2)利用者が弊社に提供したコンテンツ公開による、第三者から訴えの提起によって生じた損失、損害
  • (3)ホームページに対する閲覧者からのクレームによって生じた損失、損害
  • (4)サーバ運営会社及びメンテナンス等の理由により、一時的にホームページが閲覧できない状態になることによって生じた損失、損害
  • (5)利用者がホームページ上に掲載する商品及びサービスの適法性
  • (6)ホームページを運営するために必要な特定商取引法表示及びプライバシー・ポリシー等の法律表記の適法性
  • (7)ホームページ完成後に売上が発生しないこと、あるいは問い合わせが来ないなどホームページによる成果に関する一切のこと
  • (8)利用者が自らWordPressのバージョンアップ処理または編集を行ったことによる不具合によって生じた損失、損害
  • (9)ホームページ内のプログラムの完全性
  • (10)ホームページのメンテナンス・WordPressのバージョンアップ実施による不具合によって生じた損失、損害
  • (11)前各号の他、本サービスの利用中に生じた損失、損害

第12条(損害賠償)

弊社及び利用者は、本規約に違反して相手方に損害を与えたとき、その損害を賠償するものとします。但し、弊社の賠償額は、利用者が弊社に支払った本サービスに関する料金のうち該当するホームページ制作業務の料金に相当する金額を上限とします。

第13条 (本サービスの変更および廃止)

  • 弊社は、理由の如何を問わず、いつでも本サービスの全部または一部を変更または廃止することができます。ただし、サービス提供中の利用者に対しては該当の制作業務につき、原則契約が成立した時点でのサービスを提供を行うものとします。

第14条 (本規約の変更)

  • 弊社は、本規約の内容を、利用者に対する事前の予告なく変更することができます。この場合、変更された規約は弊社のサイト上に公開することによって利用者に通知されたものとし、通知された時点で、利用者は変更後の規約に従うことに同意したものとみなします。
  • 本規約のうち、その一部が違法、不当、その他何らかの理由により無効であると断定された場合でも、他の部分の有効性には影響を及ぼさないものとします。

第15条 (合意管轄)

本契約につき裁判上の争いとなったときは、前橋地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とすることに弊社及び利用者は合意します。

付則

この規約は2014年9月20日から施行されるものとします。
2014年9月20日制定
2016年10月12日改定
2017年2月24日改定

twitter facebook pagetop
ページトップ